• まれな小児疾患に新しい希望を

    「私の子どもを治してくれますか」という問いに対して、ハイパフォーマンス コンピューティングがどのように答えることができるか。

    ビデオを視聴する

    まれな小児疾患に新しい希望を

    「私の子どもを治してくれますか」という問いに対して、ハイパフォーマンス コンピューティングがどのように答えることができるか。

    ビデオを視聴する

      • Dellでは6年前から、小児がん治療の分野でTGenと連携しています。この分野では、治療で重要なことは、人のゲノムを構成する極めて大量のデータ ポイントの解析です。Dell Technologiesでは、財務的な支援とテクノロジーや専門技術の提供で過去3000万ドルを超える投資を行い、TGenの取り組みをサポートしています。

         

        適切なデータがあれば、TGenの医師が適切な治療を行うことができるようになり、子どもの小さな身体に、効果のない大量の薬を投与したり副作用を引き起こしたりすることがなくなります。私たちのハイパフォーマンス コンピューティングによってそうしたデータが驚くべきスピードで提供されるようになり、これまで数週間かかっていた治療に関する決定を数時間で行えるようになっています。

         

        これは単に患者である子どもたちにとって素晴らしいことであるだけではありません。子どもの疾患が何であるかを知り、初日から最善の治療を子どもが受けられることは、患者の家族にとっても大きな安心材料になります。

    • Dell Technologiesが、どのように人のゲノムの2000億ものデータ ポイントを提供し、治療プランに活かしているかをご確認ください。

      詳細情報
      詳細情報
    •  

      ストーリー: 希望を見出す

      疾患を持つ子どもが生まれると、両親の世界は、その日から一変します。その疾患が特定の病気として診断できないほどまれな場合、その答えを模索するための孤独で長い時間が始まります。

       

      カナダのランキン一家の模索の旅は、2005年、出産したBeornの目が対象を捉えていないことに気付いた日から始まりました。しばらくすると、重度の発作を起こすようになりました。10年にわたって検査を受け続けた後も、その子の将来がどうなるか分かりませんでした。その後、Translational Genomic Research Institute(TGen)のことを知り、Dellゲノム データ分析プラットフォームを活用した遺伝子データの調査を行ったところ、

       

      Beornの疾患は、極めて珍しい、DNM1の突然変異であることが分かりました。明確な治療法は見出されていないものの、原因の特定は、待ち望まれていたことでした。

      Beornのストーリーを視聴する
      Beornのストーリーを視聴する
    • 革新的な新しい治療に関する、その他の進歩を確認する

      2016年度には、デルのサポートを受けたTGenおよびBeat Childhood Cancerによって、アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けたプレシジョン メディシンの治験が開始されました。この治験では小児がんの診断を受けた時点で、標準的な化学療法と組み合わせて先行分子標的治療を適用します。

       

      分子標的治療は通常、腫瘍が従来の治療に対して耐性があることが証明された場合にのみ適用されてきたため、これは新しいアプローチです。時間を節約すると同時に、効果の低い投薬による深刻な副作用から患者を救うことにもなります。

       

      また、TGenとそのパートナーであるCity of Hopeは、その他の分野における研究でも道を切り拓いています。さまざまながんや、アルツハイマー病、神経疾患、まれな小児疾患を特定する、革新的な新しい手法を開発しています。これは始まりに過ぎません。私たちのテクノロジー、資金提供、パートナーシップによってもたらされる、飛躍的進歩に期待しています。

    •  

      ライフ ケア:インド郊外の医療革命を促進

      私たちはテクノロジーを活用し、インド郊外で仕事をする人々の医療をサポートしています。ぜひご確認ください

      詳細情報