• テクノロジーがインド郊外の医療革命を促進

    テクノロジーを活用し、インド郊外で仕事をする人々の医療をサポート

      • どうすれば郊外に住む8億もの人々に向けた予防医療を実施できるか。

        インド政府は今日課題に直面しています。がん、糖尿病、心臓病などの非感染性疾患がインド全域で増加している中、迅速な対応が求められています。

        幸い、インドには20万人にのぼるANM(補助看護師および助産師)が存在します。彼らはインドの医療の最前線で、出産のサポートから糖尿病の管理に至るまで、さまざまな活動に従事しています。

        しかし、広まりつつあるNCD(非感染性疾患)に対処するリソース不足が問題になってきています。そこで2014年、Dell TechnologiesのCeTI(Center for Transformational Innovation)が州政府やその他の組織との連携を開始し、人々に医療を提供する方法を改善する、Digital LifeCareを構築しました。

        このプラットフォームを迅速に普及させるため、CeTIのチームによって、患者の初診から症状のスクリーニングなどの医療における各段階をサポートする、動画表示テクノロジーなどインタラクティブなモジュールを備えるAndroidアプリが開発されました。このアプリでは、栄養学や乳房の自己検査方法など、健康なライフスタイルを送るためのさまざまな情報も提供されています。

        CeTIのディレクターであるSunita Nadhamuni氏は、「多くの人々にとって本当に重要な問題に取り組んでいます」と語っています。

        2018年4月にインドの首相Narendra Modi氏により正式にリリースされたDigital LifeCareプラットフォームは、NCD(非感染性疾患)を患う30代の人々約3700万人を対象としています。デルの導入パートナーであるTata Trustsも、何千人もの補助看護師や助産師のためのトレーニングを支援しています。このプラットフォームは、インド全体の傾向を把握できるように、医師向けのウェブ アプリや職員向けのダッシュボードも用意しており、

        Nadhamuni氏は「デルには、テクノロジーが人類の進歩を促進するというビジョンがあります。われわれの取り組みによって、インド郊外への医療サービスの提供状況が大きく変わります」と述べています。

        政府が運用するクラウド ストレージにすべての患者データを同期し、保存しています。ここで使用されているDigital LifeCareテクノロジーは、開発や管理の容易さから、Pivotal Springフレームワークを使用したマイクロサービス アーキテクチャをベースにしたものです。いくつかの州のデータ センターでは、インフラストラクチャのバックボーンとしてDell PowerEdgeサーバーを使用してこのテクノロジーを実行しており、バックアップにはDell EMCストレージおよびDell EMC Data Domainを活用し、またVMware vSANやHypervisorを利用しています。

    •  

      青少年教育:より明るい未来を実現するために

      私たちがどのようにテクノロジーを用いて世界中で青少年教育をサポートしているかについてご確認ください。