• 将来の人材

    将来の課題に対応できるよう今日の若い学習者を支援

    • 今日では、数百万人の子どもたちが、現在および将来のデジタル エコノミーに参加するうえで必須となったテクノロジーと教育にアクセスできていません。私たちは、若い世代が潜在能力を発揮したり、やりがいのある仕事を見つけたり、自身が所属する地域社会に再投資したり、人類の進歩を促進したりするのに役立つ可能性があるテクノロジーが必要であると考えています。テクノロジーや学習リソースを最も必要としている若い世代とそれらを結びつけるため、デル・テクノロジーズは戦略的な非営利パートナーと連携し、将来の人材のニーズを満たすことを目的とする幅広いイニシアティブを開発しました。

    • 装飾

      ソーラー学習ラボ

      太陽とテクノロジーを活用して、あらゆる場所の若い学習者にデジタル アクセスを提供します。

    • 装飾

      Student TechCrew

      高校生が学校のIT技術者となり、貴重なキャリア スキルを身につけることができます。

    • 装飾

      Girls Who Code

      若い女性が、同僚や手本となる人物のいる協力的な環境でテクノロジーの良さを理解できるよう支援します。


    • 装飾

      Camara

      エチオピアは、国際連合が発行している人間開発報告書において、188か国中173位にランクされており、教育に関する投資を行ううえで重要な地域になっています。エチオピア初の大規模なFuture Workforceプログラムは、国内全域のデジタル リテラシーを向上させ、自宅や学校でテクノロジーにアクセスできない学齢児童がテクノロジーを活用できるようにすることを目指しています。デル・テクノロジーズは、エチオピアの教育省、および長年のパートナーであるCamara Educationとともに、1,000を超える学校への約2万5,000台のDell PCの納入と設置を支援し、90万人を超える学生と約7,000人の教育者がテクノロジーにアクセスしてそれに関連する教育を受けられるようにしました。2021年の終わりまでに、Dellは70万人の学習者のために、さらに840の学校への1万6,700台のPCの納入と設置を支援する予定です。このプログラムには、次世代の子どもたちが将来仕事で必要になる技術スキルを身につけられるよう支援する、ICTとSTEMの教育トレーニングが含まれています。


    • 装飾

      REAP

      中国では、4人のうち3人の子どもが農村部で育ちます。多くの場合、彼らには学業の面で都市部の子どもたちにはない障害があります。農村部の学生や出稼ぎ労働者の親を持つ学生が学習で後れを取った場合、家庭教師をつける金銭的な余裕はなく、都市部の子どもたちにはよく利用されている「学習塾」に行く余裕もありません。また、多くの両親が家族の住む家を出て遠くまで働きに行っているため、両親からの教育も期待できません。2010年、Dellはスタンフォード大学と連携し、農村部教育アクセス プログラム(REAP)を通じてコンピューター アシスト学習(CAL)を中国全域の農村部の学生に提供しました。このプログラムでは、楽しく、ゲーム形式で数学や中国語、英語を学べるソフトウェアが使用されました。CALのオンライン版を使うことで、ソフトウェアを管理するために遠隔地に移動する必要がなくなり、より多くの生徒たちにその内容を届けることができるようになりました。CALプログラムによって、生徒のテストの点数が劇的に向上しています。

    • 当社の進行状況について

    • 装飾

      STEMでより多様な人材を育成

      私たちは、人種、性別、または能力に関係なく、将来のデジタル ワークフォースの構成要素の提供に取り組んでいます。

    • 装飾

      エンパワーメントされたチーム コミュニティーの創造

      Employee Resource Groups(ERGs)は、チーム メンバーが最高の仕事を遂行するように奨励され、関与し、正しく評価されていると感じられるような、多様性を受け入れる文化の促進に貢献します。