• ESGフレームワーク

    当社は、国際的に認められたフレームワークやガイドラインを考慮しています

    • デル・テクノロジーズは、ESGレポートの改善と強化に常に取り組んでいます。当社のレポートの重要な側面の1つとして、国際的に認められたフレームワークとガイドラインを考慮していることが挙げられます。


    • その他のフレームワーク レポート

    • 私たちは、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に従い、気候変動関連レポートを作成しています。2020年には、TCFDのガイダンスに沿ってシナリオ分析を実施しました。その詳細は、CDPの気候変動に関するアンケートのセクションC3.1bに記載されています。さらに、GRIインデックスでは、GRIの情報開示とTCFDの提言のマッピングを行っています。 

    • 今年のレポートのもう1つの新しい要素として、人的資本に関する定性的な情報を追加しました。これは、2021年度10–Kレポートの12ページから記載されています。デル・テクノロジーズにとって、ステークホルダーが最も重要視する測定指標を報告するのは、長年にわたり理解してきたことの継続です。つまり、持続可能な、成功を収める企業は、多面的に価値を提供し、そのパフォーマンスをステークホルダーに対して透明性を持って開示しなければならない、ということです。こういった測定指標を、今後のESGレポートの内容に反映させていく予定です。

    • 装飾

      2021年度Progress Made Realレポート

      当社のソーシャル インパクト プラン(社会的影響に関する計画)に関する年次ESGレポートでは、2030年とその先に向けて私たちがどのように人々と地球に対してプラスの影響をもたらしているのかについてご紹介します。

    • 装飾

      2021年ダイバーシティー&インクルージョン レポート

      私たちが、多様性を受け入れる、世界中のさまざまなお客様を象徴する働き方をどのように実現しているのかをご覧ください。