• 社会的影響に関する公共政策を支持

    公共政策を通じて2030年に向けたソーシャル インパクト プラン(社会的影響に関する目標)を推進

    • 国、地域社会、企業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる影響からの回復と、増大する社会的格差および経済的格差に関して高まる懸念への対応に苦慮しています。このような状況の中で、デル・テクノロジーズは、政府機関と企業の双方が役割を担っていること、そして互いの協力がかつてないほど重要になっていることを認識しています。そのため、当社は、パンデミック対応や景気回復に関して公共部門と協力し、社会における教育、仕事、医療提供の方法を変革することを目指しています。

    • 当社は、政策に関連する問題についての位置づけを策定し、公共の利益に関わる事柄に対していつどこで取り組むかに関する意思決定を行うにあたり、社員、お客様、パートナー様、地域社会、投資家、政策立案者などのあらゆるステークホルダー グループの意見を聞いています。

    • 重要リソース

      当社の進行状況について

    • 装飾
       

      2021年度Progress Made Realレポート

      当社のソーシャル インパクト プラン(社会的影響に関する計画)に関する年次ESGレポートでは、2030年とその先に向けて私たちがどのように人々と地球に対してプラスの影響をもたらしているのかについてご紹介します。

    • 装飾
       

      2021年ダイバーシティー&インクルージョン レポート

      私たちが、多様性を受け入れる、世界中のさまざまなお客様を象徴する働き方をどのように実現しているのかをご覧ください。

    • 装飾
       

      政策立案者向け:2020年におけるデジタル トランスフォーメーションの加速

      この今までにない時代の中ですべての人々のためにテクノロジー、イノベーション、新たな機会の融合を加速させている世界の状況について、デル・テクノロジーズが概説します。

    • 最新情報

    • 装飾

      強力な連携

      すべての人々に所属感と機会を創出する方法

      ダイバーシティー&インクルージョン担当最高責任者であるVanice Hayesが、世界や顧客基盤における多様性を当社の社員の多様性に反映させるためにDellがどのように進化しているのかについて、見解を話します。

    • 装飾

      温室効果ガス排出実質ゼロに向けて

      企業全体での取り組み

      グローバル サステナビリティー部門の責任者であるPage Motesが、測定可能な行動と、有能で革新的な社員によって、Dellが2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロをどのように実現していくのかを説明します。