• マテリアリティと関係者の関与

    • マテリアリティと関係者の関与は、私たちの広範な社会的影響に関する戦略を示す重要な手段です。

      過去のレポートで行ってきたように、私たちは2020年度Progress Made Realレポートにおいて、多様性を備えたステークホルダー グループの期待に応えるためにCeres社の推奨事項を取り入れました。

      同社の推奨事項は、私たちの全社的な持続可能性に関する目標、それらの目標に関する透明性、関係者の関与プロセスを示したり、改善したりするのに役立ちます。

      2020年度のレポートに先立って、私たちは2030年に向けたソーシャル インパクト プラン(社会的影響に関する目標)を示すために、コンサルティング企業のSustainAbility社とともに2019年に徹底的な分析を行い、デル・テクノロジーズが最も有意義な役割を果たせる重要な社会問題を特定しました。私たちは、外部企業の持続可能性、慈善活動、多様性のフレームワークと傾向をレビューし、同業他社のベンチマーキングを行うことから開始しました。これに加え、お客様の提案依頼書を分析し、お客様が関心を持っているトピックの傾向を特定しました。

      また、デル・テクノロジーズ全体のシニア エグゼクティブ、サプライヤー、投資家、さまざまな分野を代表するお客様、Ceres社などの非政府組織、ソート リーダーといった、社内外の多様なステークホルダーからインサイトを収集しました。さらに、16万5,000人を超えるデル・テクノロジーズの社員を対象に調査を行いました。

      これにより、次の3つの基準に基づいて私たちが優先する重要な問題が明らかになりました。

    •  

      重要な問題

      このプロセスを通じて、私たちはビジネスだけでなく、私たちが2030年までの達成を目指すグローバルな社会および環境面の成果にも影響を与える重要な問題を特定しました。最終的に、私たちはこのプロセスで当社の計画に概説されている2030年に向けた目標の定義を示しました。

      これらの問題と2030年に向けた当社の目標は、デル・テクノロジーズのエグゼクティブ リーダーシップ チームによってレビュー済みであり、社会的影響とビジネスに関する当社の戦略に沿ったものとなっています。

       
    •  
    • SDGsに対する支持

      2015年に国連加盟国によって採択された持続可能な開発目標(SDGs)は、人々と地球の平和と繁栄を見据えた世界的なビジョンを示すものとなりました。当社は、意欲的で相互に関連する17の目標の多くにおいて、テクノロジーが重要な役割を果たすと考えています。また、この目標について、社会に良い影響を与えるという当社独自のコミットメントと合致した市場機会を見いだしています。当社のProgress Made Realの目標とこうした個々の目標との足並みをそろえるには、その方法を探るためのさらなる取り組みが必要です。

      当社は、次の領域でSDGsに貢献できる可能性を見いだしています。

    •  

      サステナビリティーを推進する

      当社の新しい目標は、環境に与える影響を軽減させ、製品の生産にあたる人々にとって一層良い条件を整える助けとなります。当社は、バリュー チェーン全体と連携して循環性を高め、ビジネスの成長を資源利用から切り離し、クリーンなエネルギー源を活用していきます。当社は、製品の生産にあたる人々を守りながら、私たちが働き、生活する地域社会を意義ある形で改善できるよう、自身とパートナーの責任を果たしていきます。サステナビリティーは当社のビジネスの中核をなすものであり、引き続きすべての行動に組み込んでいきます。

    •  

      多様性を受け入れる

      私たちの明るい未来の礎となるのは、多様な人材を獲得、育成しながら、多様性を受け入れる文化を育む取り組みです。当社は不平等に立ち向かい、新たな機会を創出し、より一層多様で受容性に富んだ文化を育んでいきます。当社は地域社会と協力し、未来の戦力となり得る人材を惹き付け、その輪を広げていきます。また、社内にあるスキルと機会を活用することで、チーム メンバーの意欲をかき立て、成長を支援していきます。変化は、私たちのなかから生まれます。

    •  

      人々の生活に変革をもたらす

      当社の取り組みのスケール、パートナーシップ、テクノロジー ポートフォリオを活用することにより、SDGsに盛り込まれた可能性を実現する未来を切り開くことができます。当社の専門技術を提供して支援を行うことにより、過小評価グループの健康を改善し、教育の質を向上させ、デジタル経済における機会を拡大することができます。成功は、効果的なパートナーシップのほか、ソリューションをお届けするうえでクリエイティブなアプローチができるかに左右されます。より良い未来は、私たちの手のなかにあります。私たちは、自身の役割を果たしていきます。