• 2030 Progress Made Realプランは、私たちの今後10年間の意欲的な目標を定めるものです。これらの目標を達成するには、大胆な方針を立て、明確に定義された指標を使用して進行状況を報告する必要があります。私たちはステークホルダーと緊密に連携し、進行状況を測定したり、説明責任を確立したり、新たな測定方法が必要な部分を把握したりする能力を強化してきました。


    • 影響に関する意欲的な目標

      環境の持続可能性の向上から多様性の受け入れ、倫理の維持に至るまで、私たちは現実的かつ大胆な進歩を遂げられるよう取り組みを進めています。


    •  

      測定の強み

      目標を達成するには、厳格できめ細かな測定が必要

      適切な道筋を歩み続けるには徹底して報告を行うことが重要となるため、当社では、エグゼクティブ、ステークホルダー、監査チーム、サード パーティー パートナーが戦略に関する情報を提供しています。私たちは、手法を再検討し、データの収集と管理を見直すことにより、アプローチを強化し続けています。


    • 4倍

      米国の持続可能なファンドは、2019年に2018年の約4倍もの投資を呼び込みました。

      Morningstar社の調査に基づく。


    •  

      増大と進化を続けるデータの需要

      お客様は、透明性と目的を重視しています。

      社員は、責任ある企業で働きたいと考えています。また、投資家の期待も変化しつつあります。私たちの測定アプローチには、社会的影響の指標に対する、増大と進化を続ける多様な需要が反映されており、外部の一般的なランキングおよびレポート フレームワークの最も重要な情報が組み込まれています。

       
    • Dellの意欲的な目標は、持続可能な開発の目標に沿った明確なレポートで社会的影響に関する業界標準を定めるものであり、ビジネスの成長に結びつけられています。シンプルなミッション ステートメントをはるかに超えた、Dellの測定を通じた説明責任に対する比類ない取り組みは、真の変革のサポートと全社的な報告の推進に欠かせません。

      Mindy Lubber, Ceres社社長兼CEO
    • 企業は、今まで以上に働き方の透明性を高めることを求められています。

      TIM MOHIN, Global Reporting Initiative(GRI)最高責任者
    • 徹底的な測定がさらなる成果につながる

      厳格なレポートにより、私たちは目標とプログラムを絶えず評価し、状況に適応してさらに大きな成果と影響をもたらし続けることができます。そこで私たちが掲げたのがムーンショット目標です。この取り組みは、2020年度Progress Made Realレポートの中核となっています。私たちが作成したレポートで当社の指標と進歩をもたらしているプログラムの詳細をご確認ください。

    •  

      2020年度Progress Made Realレポート

      2030年に向けたソーシャル インパクト プラン(社会的影響に関する計画)の最初のレポートでは、2030年の目標の起点となる手法とデータについて詳しく説明することに重点を置いています。

    •  

      2020年ダイバーシティー&インクルージョン レポート

      私たちが、多様性を受け入れる、世界中のさまざまなお客様を象徴する働き方をどのように実現しているのかをご覧ください。