• 2020年に起きたさまざまな出来事により、私たちが今直面している、非常に差し迫った問題の1つが経済格差とデジタル格差の拡大であることが浮き彫りになりました。

        私たちは、幅広い人々がテクノロジーにアクセスし、技術スキルを身につけられるようにすることで、十分なサービスを受けていない地域社会の活動の場を整備する役割を果たしていきます。

        私たちが今後進めて行く、今日の最大の問題に対処するための取り組みは、次の10年間のために私たちが行ってきた取り組みに基づくものであり、その内容は2020年度Progress Made Realレポートに記載されています。

      •  

        Christine Fraser
        デル・テクノロジーズ
        最高社会的責務責任者

      •  

        Michael McLaughlin
        デル・テクノロジーズ
        最高倫理・コンプライアンス責任者

      •  

        Brian Reaves
        デル・テクノロジーズ
        最高ダイバーシティー&インクルージョン責任者

    • 今日では、世界中のイノベーションを活用することにより、今までにないプラスの違いを生み出せるさらなる機会がもたらされます。

      Michael Dell, デル・テクノロジーズ会長兼CEO
    •  

      測定方法

      2030年の目標を達成するには、大胆な方針を立て、明確に定義された指標を使用して進行状況を報告する必要があります。私たちはステークホルダーと緊密に連携し、進行状況を測定したり、説明責任を確立したり、新たな測定方法が必要な部分を把握したりする能力を強化してきました。



    • 注目のハイライト

      「Progress Made Real」という名称は、イノベーションと行動によって目に見えるプラスの変化をもたらすことができるという私たちの組織全体の信念に由来しています。以下に最近の取り組みの例をいくつか示します。

    • 数字で見る

      私たちは毎年、当社のビジネス全体にわたる素材に関する指標について報告を行っています。これらの指標には、2030年に向けたソーシャル インパクト プラン(社会的影響に関する計画)で定められた目標に直接関係しているものもあれば、さまざまなステークホルダーに関連するその他のビジネス指標に対するさらなるインサイトを示すものもあります。私たちは、Global Reporting Initiative(GRI)標準のオンライン インデックスでこうした情報を補完しています。