• 2030年に向けた目標

    ソーシャル インパクト(社会的影響)に関する目標の前年比での達成状況

    • 当社の目標ダッシュボードでは、2030年に向けた目標のベースライン データと比較した、前年比での目標の達成状況に焦点を当てています。

      目標達成のための手段をレポートのPDFに記載しています。目標のベースラインは、すでに達成されている進捗状況を反映しているか、特に明記されていない限り、2020年2月時点からの進捗を測定するための基準点を確立するものです*

    • ムーンショット目標

      当社の非常に高い目標は、現実的かつ劇的に社会に良い影響を与える方法を反映しています

    • 装飾

      サステナビリティーを推進するためのムーンショット目標

      2030年までに、お客様が購入するすべての製品について、同等の製品を再利用またはリサイクルします。梱包材の100%をリサイクル素材または再生可能な素材から作成します。また、製品内容の半分以上が、リサイクルまたは再利用可能な材料から作られます。

    • 装飾

      多様性を受け入れるためのムーンショット目標

      2030年までに、当社は、世界中の社員の50%および世界中の管理職の40%を女性(自認含む)にします。 

    • 装飾

      人々の生活に変革をもたらすためのムーンショット目標

      私たちのテクノロジーと規模を利用して、医療、教育、経済的な機会均等の取り組みを推進し、2030年までに10億人の人々に永続的な成果をもたらします。

    • 装飾

      倫理とプライバシーの維持のためのムーンショット目標

      2030年までに、データ制御プロセスを完全に自動化し、お客様が自分の個人データを簡単に管理できるようにします。

    • 「Progress Made Real」で使われている測定指標や情報は、独自の年次Global Impact Progressレポートを発行しているVMwareを除く、デル・テクノロジーズ(「Dell」、「当社」または「私たち」)のために私たちが達成を目指している成果を示すものです。特に明記されていない限り、RSA、Secureworks、Boomi、Virtustream、およびDell Financial Servicesのデータは、このレポートの作成時点で関連するものが掲載されています。RSAのデータは、2020年9月1日までのデータのみが掲載されています。


    • サステナビリティーを推進するための目標

    • 装飾

      2050年までにScope 1、2、3において温室効果ガス(GHG)排出ネット ゼロを実現します

    • 装飾

      Scope 1と2において温室効果ガス(GHG)排出量を50%削減します

    • 装飾

      デル・テクノロジーズのすべての施設において、2030年までに電力調達の75%を、2040年までには100%を再生可能エネルギーにします

    • 装飾

      製品ポートフォリオ全体のエネルギー強度(GDPあたりのエネルギー消費量)を80%低減します(2012年度~2021年度)

    • 装飾

      直接資材サプライヤーと協力し、2030年までに、科学的根拠に基づく温室効果ガス(GHG)排出量削減目標である売上高あたり60%削減を実現します

    • 装飾

      2030年までに、当社の世界中の職場でサステナビリティーの向上を推進します

    • 装飾

      2030年まで毎年、社員が活躍できる、健康的な作業環境を提供する取り組みを継続します

    • 装飾

      2030年まで毎年、サプライ チェーンの社員向けに将来を見据えたスキル開発を実施します

    • 装飾

      2030年まで毎年、製品の生産にあたる人々とのエンゲージメントを継続します


    • 多様性を受け入れるための目標

    • 装飾

      2030年までに、米国の社員の25%と米国の管理職の15%を黒人/アフリカ系アメリカ人、およびヒスパニック系/ラテン系のマイノリティーにします

    • 装飾

      2030年まで毎年、社員の90%が自身の仕事を意義あるものと評価できるようにします

    • 装飾

      2030年までに、社員の50%がEmployee Resource Groupsに参加し、社会に良い影響を及ぼせるようにします

    • 装飾

      2030年まで毎年、社員の75%が自身のリーダーについて、意欲をかき立てるリーダーと評価できるようにします

    • 装飾

      2030年までに、社員の95%が毎年実施される基礎学習プログラムに参加し、無意識の偏見、ハラスメント、自覚なき差別、基本的人権といった主要なトピックについて学べるようにします

    • 装飾

      2030年まで毎年、当社の社会貢献/教育イニシアティブの対象者の50%を、未成年女性や成人女性と自認している人、または過小評価グループに属する人にします 


    • 人々の生活に変革をもたらすための目標

    • 装飾

      2030年まで毎年、当社の社会貢献/教育イニシアティブの対象者の50%を、未成年女性や成人女性と自認している人、または過小評価グループに属する人にします 

    • 装飾

      2030年までに、当社が持つ専門技術とテクノロジーを使用して、非営利団体パートナー1,000団体のデジタル トランスフォーメーションを支援することで、地域社会にいっそう貢献できるようにします

    • 装飾

      2030年まで毎年、社員の75%が地域社会において寄付をするか、ボランティア活動に参加します


    • 倫理とプライバシーの維持のための目標

    • 装飾

      2030年までに、社員の100%が当社の価値基準への支持を行動によって示せるようにします

    • 装飾

      2030年までに、ともに事業を行っているパートナーの100%が、当社の価値観への支持を行動によって示せるようにします

    • 当社の進行状況について

    • 装飾

      2021年度Progress Made Realレポート

      当社のソーシャル インパクト プラン(社会的影響に関する計画)に関する年次ESGレポートでは、2030年とその先に向けて私たちがどのように人々と地球に対してプラスの影響をもたらしているのかについてご紹介します。

    • 装飾

      2021年ダイバーシティー&インクルージョン レポート

      私たちが、多様性を受け入れる、世界中のさまざまなお客様を象徴する働き方をどのように実現しているのかをご覧ください。