• STEM分野のキャリアを目指す多様な学生を支援

    • National Center for Women & Information Technologyの調査によると、米国でのコンピューティング関連の求人数は2029年までに360万件あると言われています。ただし現在の動向を考えると、これらの求人のうち、米国のコンピューティング学士号取得者がこうした職に就く割合は、わずか24%になる可能性があります。現在の調査に基づくと、テクノロジー業界では2030年までに430万人の人手が不足することになります。テクノロジー業界は、予想されている人手不足に加え、多様性とその受容の問題に直面しています。

      U.S.Equal Employment Opportunity Commissionによると、最近は改善が見られるものの、テクノロジー業界では今もなお多くのグループが過小評価されています。将来のお客様の役に立てるよう、私たちは今からSTEMを学ぶ学生を増やしていく必要があります。多様な人々の間にギャップがあるままでは、人材を安定して集めることはできません。

    • Project Immersion

      これまでにない臨場感あふれるテクノロジー教育

    • 世界最大のテクノロジー企業の1つとして、デル・テクノロジーズは、多様な人材による技術的進歩の実現と推進で大きな役割を果たすことを目指しています。黒人/アフリカ系アメリカ人およびヒスパニック系/ラテン系の社員は、今もなおテクノロジー系の職種で非常に過小評価されています。私たちは、Project Immersionを通じて多様な学生にデジタルの未来で成功を収めるのに必要な技術スキルと専門スキルを身に付けさせることにより、テクノロジー業界における多様性の流れを変えようとしています。

    • Project Immersionは、歴史的黒人大学、少数派支援機関、ヒスパニック支援機関とともに、テクノロジー業界で最も求められており、未来のデジタル エンタープライズで成功を収めるのに必要なスキルを学生に身に付けてもらえるカリキュラムを作成しています。取り上げるトピックには、セールス エンジニアリング、サイバーセキュリティ、データサイエンスなどがあります。学生は、最新のテクノロジーやビジネス ケースに触れたり、業界のエキスパートから情報を得たりできます。

    • Align

      IT以外のプロフェッショナルの転身をサポート

    • このプログラムは、何歳からであっても、どれだけ難しいと思われる状況であっても、まったく新しいことを学べると信じさせてくれます。コンピューター サイエンスという、まったく新しい畑違いの分野に足を踏み入れるのに必要な特定のスキルを身に付けることは、非常に大きな力となっています。

      BETHSAIRA DEOLIVEIRA, Dell Align Scholar

      今日の絶えず変化する職場では職種の変更が一般的となっており、私たちはより多くのプロフェッショナルが技術者に転身できるようサポートしたいと考えています。そこで私たちは、コンピューター サイエンスの修士号の取得を目指す、IT以外の分野の女性や過小評価されているマイノリティーの支援に重点を置く、ノースイースタン大学のAlignプログラムをサポートしています。2018年には、Alignプログラムで150人の学生のメンタリングとキャリア開発が行われました。さらに、5人のDell Align Scholarがデル・テクノロジーズから金銭的支援を受け、将来当社の研修職に就くことになりました。来年は規模を2倍にすることを目標としており、米国中にAlignを展開すべく他の企業や大学と取り組みを進めています。

    • STEMAspire

      STEM分野のキャリアを歩む女性のエンパワーメント

    • 私はアイルランドで清掃作業員として働き始めました。そのとき就ける職種はこれしかありませんでした。22年後に大学に戻るという挑戦をしたとき、デル・テクノロジーズのような大企業で働くことになるとは思ってもいませんでした。STEMAspireは私を大いに歓迎し、これまで気付くことがなかった機会について教えてくれました。

      Lina Albay, 2019年度STEMAspire受講生、デル・テクノロジーズ エンタープライズ テクニカル サービス(コーク)

      英国では、エンジニアリング科、コンピューター研究科、数学科を卒業する女性の割合はそれぞれ、わずか15%、19%、38%です。そして、STEM関連の職種に就いている女性は13%しかいません。研究によると、多くの女性はテクノロジー企業が男性優位であり、仕事と生活のバランスをうまく取れないと認識しています。また、より目的に基づいたキャリアを望んでおり、テクノロジーが目的にかなっていないと感じている女性もいます。

      私たちは、こうした誤解を解消するとともに、大学でSTEMを学ぶ女子学生の中からテクノロジーの分野でキャリアを積む人が増えるよう、STEMAspireと呼ばれる12か月のメンタリング プログラムを作成しました。2018年にアイルランドのコークで始まったこのプログラムでは、デル・テクノロジーズのローカル チームのメンターがユニバーシティ・カレッジ・コークとコーク工科大学の学生の指導にあたりました。

      その後私たちは、アイルランドとスコットランドにあるデル・テクノロジーズの6つの拠点にSTEMAspireを展開しました。それぞれのSTEMAspireで学ぶ学生は、メンターの指導の下で重要なビジネス スキルを磨いています。このプログラムは、特に少数民族グループの女性から人気を得ています。

    • 当社の進行状況について

    • 装飾

      2021年ダイバーシティー&インクルージョン レポート

      私たちが、多様性を受け入れる、世界中のさまざまなお客様を象徴する働き方をどのように実現しているのかをご覧ください。

    • 装飾

      ありのままの自分でいる

      性別、民族、性的指向、またはバックグラウンドに関係なく、デル・テクノロジーズの社員を非常に優秀な人材で構成しようという取り組みについて、グローバル チームのメンバーが語ります。