• 私たちは、世界中どこからでも、いつでも最高の仕事ができるようテクノロジーを構築しています。チーム メンバーに柔軟な働き方を取り入れることは自然の流れといえます。Connected Workplaceプログラムがこれを実現させます。

       

      チーム メンバーは幅広い柔軟な選択肢から働き方を選べるので、生産性が高まります。フルタイムのテレワークや、何日か学校に通ったり、ジョブ シェアリングなども可能です。


    • FlexJobs(米国の求人情報サイト)との提携で、現代の職場では柔軟な働き方が可能であることがわかりました。

    • テレワーク

      チーム メンバーは、この働き方を利用して自宅など別の場所で仕事をすることで、通勤に費やす時間を節約できます。この働き方を選ぶ社員は、オフィスで気が散ることもなく生産性を高められます。

    • デルのConnected Workplaceの詳細はこちら

    • フレックスタイム

      家族として、また個人としての務めを果たすことに配慮し時間を使うことは当然といえます。フレックスタイムを利用すれば、チーム メンバーは勤務時間を調整し、職場外での用事に対処しやすくなります。

    •  

      パート タイム

      パートタイム勤務にすると、チーム メンバーは仕事とほかの優先事項を両立できるようになります。パートタイムは、教育や研修を受けている人や、退職を目の前にした人がよく利用します。この選択肢は、こうした貴重な人々と長く働く上で役立ちます。

    •  

      ジョブ シェアリング

      ジョブ シェアリングでは、パート タイム勤務を組み合わせ、その仕事自体はフルタイムでカバーされるようにします。こうした共有チームとそのリーダーは、メンバーに無理のないよう最善のスケジュール調整と作業設計に取り組みます。

    •  

      勤務日数の短縮

      一般的な週5日間勤務が進化しました。チーム メンバーは、週5日未満の勤務に短縮するか、10日間にまたがる勤務で定期的に休暇を取得し、個人の事情に対応することができます。

    •  

      リーダーシップ養成

      あらゆる立場のチーム メンバーが、キャリア アップのためのスキルを身につけられるよう努めています。