• 経済的な観点からも、環境的な観点からも、不必要なエネルギー使用は受け入れがたいものです。私たちがお客様により高い効率性をもたらすように革新を続けているのは、そのためです。45°Cの外気冷却で稼働するデータセンターから、冷却する必要のない水を利用する直接接触式液体冷却(DCLC)まで、デル製品を使用することでエネルギー効率が向上します。

    •  

      電源オン、熱気はオフ

      データの急増と処理の高速化に対する需要により、IT投資金が急速に枯渇する可能性があります。Dell Technologiesのエンタープライズ ソリューションは、より高い処理能力と、消費電力の削減を実現します。

      詳細
    •  

      新鮮な空気

      増加するエネルギー コストと規制によって、データセンターの冷却費用の状況は悪化していますが、財政と環境に与える影響は削減できます。当社のFresh Air 2.0対応のハードウェアは、より高い温度で動作し、クリーンな外気で冷却可能です。

      詳細
    •  

      目標達成に向けて順調に進んでいます

      私たちは、製品ポートフォリオ全体の平均エネルギー強度を2012年から2020年までに80パーセント削減するという意欲的な目標があります。これまでのところ、60パーセントまで削減しました。私たちはよりエネルギー効率の良い未来へ向けた道を進んでいます。

      詳細
    •  

      低コストで優れたエネルギー効率

      エネルギー消費量を削減すると、全体的なコストと環境への影響の両方で大きなメリットが得られます。当社のエネルギー ツールは、現在の運用におけるエネルギー使用の評価と、パフォーマンスを改善する方法を提案します。

      詳細