• 気候変動は地球に悪影響を及ぼしています。現在、この課題にうまく対処するには、緩和と適応の両方に継続的な焦点を当てた世界的規模での協力が必要です。私たちは、テクノロジーがこれら両方の分野で果たす重要な役割を担っていると信じており、この関係を活用する公共政策を支持します。

       


    •  

      気候変動

      ともに問題に取り組む

      今や気候変動に対処することは、ビジネスと社会の最大の関心になりました。移住パターン、植物が成長するシーズン、海面上昇、極端な気象現象の頻度と深刻さにおける変化は、私たちの惑星がすでに直面している問題のほんの一握りです。私たちの自然システムに対するこれらの変化の速度と規模は、社会、環境、そして経済に広範囲な影響を及ぼしています。

       

      今こそ行動する時です。緩和戦略と適応戦略の両方が必要です。これは、ひとつの企業や政府が独自に取り組むことができるものではありません。

       

      テクノロジーは、気候変動への取り組みにおいて重要な役割があります。私たちは、バリューチェーン サプライヤーとお客様を含む公的および私的なステークホルダーが、社会が今後の課題に立ち向かうのを助けるために理解し行動を起こすように働きかけます。

       

      私たちは、情報を共有することの重要性も認識しています。当社は長い間CDP(旧称:the Carbon Disclosure Project)に報告を続けています。これは主要な企業による気候変動情報の世界最大のデータベースとして機能しています。サプライヤーにも同様に報告し、また2020年までに排出量削減目標を作成することを求めています。

      気候変動政策に関するデルの考え

    •  

      リソース管理

      エネルギー管理、需要およびプロキュアメントに対する当社の総合的なアプローチ

      私たちは事業として、エネルギー ミックスにおけるエネルギー保存への取り組みと再生可能エネルギー使用の増加を組み合わせています。

       

      電気は当社施設のエネルギー使用において最大の割合を占めており、私たちは再生可能エネルギーの購入に力を注いでいます。私たちは、米国EPAのGreen Power Partnershipプログラムで、常に再生可能エネルギー購入者のトップ50にランク付けされており、いくつかの場所に太陽光発電設備を設置しています。

       

      再生可能エネルギーによる発電とオンサイト発電は、当社の世界的な電力需要の約30パーセントを満たしています。私たちの目標は、これを2020年までに少なくとも50パーセントまで増やすことです。

       

      照明の入れ替えやモーターの交換など、私たちは事業全体にわたってエネルギー効率の向上に常に取り組んでいます。当社が所有する工場のうちの2つはISO 50001認証を受けており、サプライヤーにもISO 50001認証を取得することを強く推奨しています。新しい施設を建てるとき、自然光、日除け、そして改良機器を使用した設計を取り入れます。エネルギー効率を考えているサプライヤーと協働することで、バリュー チェーン全体に組み込まれたエネルギー必要量を削減することに役立っています。

       

      また、管理しているデータセンターのエネルギー強度と電力使用効率を向上することにも力を注いでいます。

       

    •  

      水と廃棄物

      水不足、水質、廃棄物に対処するために、サプライ チェーン全体でどのように取り組んでいるかをご覧ください。

      詳細