• サステナビリティーを推進する

    デル・テクノロジーズの活動全般の中核となるもの

    • デル・テクノロジーズにはお客様、サプライヤー、コミュニティーとともに環境を保護し、豊かにしていく責任があります。それこそがDellのビジネスの中核をなすものです。デル・テクノロジーズは企業として取り組むことのすべてにおいてサステナビリティーを追求し、倫理的な姿勢を実践することで行動に対する説明責任を持ち、あらゆる場面、あらゆる機会を捉えてより良い方向へと進んでいきます。


    •  

      デル・テクノロジーズは循環型のエコノミーを推進します

      世界の人口は、2030年までに10億人近く増加すると見られています。こうした成長により、私たちの経済は地球上の境界と社会システムに今までになかったようなプレッシャーをかけることになります。しかし、方法はあります。


    •  

      デル・テクノロジーズは一企業として地球環境を守るだけでなく、お客様やパートナーとも力を合わせて同じ目標に邁進します

      今すぐ行動し、今後10年間行動し続けるなら、世界が被る損害を軽減させ、気候変動への適応に影響を与えることができます。デル・テクノロジーズは、自社のビジネス エコシステムで取り組みを進めて天然資源を重視し、影響を最小限に抑えていきます。


    •  

      デル・テクノロジーズは当社製品の開発に携わる多くの人々のために尽くします

      結局のところ、サステナビリティーとは、明日を守るために、今日行動するということです。当社のサプライ チェーンは、世界中の多くの人々に影響を与える広大で複雑なものです。デル・テクノロジーズは世界中に人材を抱えており、責任ある製造を推進できる規模と能力を誇ります。

    • 重要リソース

      当社が進歩を実現している方法

    •  

      FY20 Progress Made Realレポート

      2030年に向けたソーシャル インパクト プラン(社会的影響に関する計画)の最初のレポートでは、2030年の目標の起点となる手法とデータについて詳しく説明することに重点を置いています。

    •  

      サステナビリティーの推進に関する2030年に向けたかつてないほど意欲的な目標をどのように策定したか

      私たちがなぜ、どのようにProgress Made Realを策定したのかについて、裏話をご紹介します。社会的影響に関する計画を立てることが、今後歩むべき適切な道筋を決めるためにどのように役立つのかについて、会話のきっかけにしたいと考えています。

    •  

      2019年サプライ チェーン サステナビリティー プログレス レポート

      当社は、世界最大のサプライ チェーンの1つを保持していることを活かし、責任あるビジネス プラクティスを遂行しています。このレポートでは、当社のサステナビリティに関する取り組みにおける重要なアクションや達成してきたことに関する詳細が報告されています。

    •  

      気候変動への対応

      テクノロジーは、気候変動の緩和において重要な役割を果たします。Dellが世界中の協力者とともにこうした課題にどのように取り組んでいるのかをご覧ください。

    •  

      設計と循環経済

      循環経済を実現するには、コラボレーションと創造性が欠かせません。Teleplan社やSeagate社などのサプライヤーとの連携は、パートナーシップがどのように循環を実現するのかを示す一例にすぎません。

    •  

      グローバルなリサイクル サービス

      地球環境の保護においては、責任あるリサイクルが非常に重要となります。デル・テクノロジーズは、世界中の消費者と企業の両方に利便性の高いサービスを提供しています。

    • 詳細を見る

    •  

      今日のリサイクルが明日を守る

      デル・テクノロジーズは、お客様を守ること、そして地球を守ることに力を注いでいます。そのために、世界中の個人や企業に、安全で確実なリサイクル オプションを用意しています。ご自身の状況に最適な方法をご確認ください。

    •  

      目的を持って始める

      循環経済が目的と設計の面でどのような革命をもたらしているのかについて、Dellのエクスペリエンス設計担当シニア バイス プレジデントであるEd Boydが語ります。