• Press Release

    October 25, 2017

    Dell EMC デジタル トランスフォーメーションを推進するオープン ネットワーキング製品群の拡充を発表

    オープン ネットワーキングのスピードアップと拡充を実現する新しいシステム、サービス、Ready Nodeを発表

    Story Highlights

    • 新しい「S4200-Open Networking deep buffer, deep table」10/100GbEスイッチが、新しいToR(Top of Rack)スイッチ(以下ToR)/ルーティング機能を提供 ―― データセンター市場の変革を実現
    • ポートフォリオの拡充 ―― ネットワーキングおよびコンピューティングの両方を通じてデータセンターにおける25GbEの導入を促進
    • 新しい「OS10 Enterprise Edition」によって、ファブリックの構築を簡素化するとともにプライベート クラウド、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)、ソフトウェア デファインド ストレージ(SDS)環境の運用を自動化
    • 新しい3つの「Ready Node」(それぞれSilver Peak社、VeloCloud社、Versa Networks社のソフトウェアと統合)によって、エンタープライズおよび通信事業者におけるSD-WANの導入を促進

    東京発 - October 25, 2017 -

    デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:https://www.dellemc.com/ja-jp/index.htm )は、本日、同社のオープン ネットワーキングをさらに拡充する最先端の製品群を発表しました。これにより、デジタル トランスフォーメーションの推進によって拡大するネットワーク需要を喚起します。

    「Dell EMC S4200-ON」スイッチ - ToR性能を高め、オープン ネットワーキングをデータセンター相互接続(DCI)アプリケーションにまで拡充

    汎用チップ搭載の新しい「Dell EMC S4200-ON」スイッチは、ハイパーコンバージドやVDI環境に最適な十分なバッファ量やテーブル数を保有できる10/100GbEデータセンター スイッチング プラットフォームで、ToRおよびデータセンター相互接続(以下、DCI)アプリケーション向けの多目的プラットフォームとして構築されています。

    「Dell EMC S4200-ON」スイッチの特長

    • 標準の「Dell EMC 10/100GbE」スイッチング プラットフォームの500倍のバッファ - ラック間のEast-West トラフィックおよび分散型アプリケーション性能を実現する、仮想化環境に最適なスイッチ
    • 標準の「Dell EMC 10/100GbE」スイッチング プラットフォームの15倍のテーブル - DCIおよび大規模なルーティングテーブルをサポート
    • 標準の「Dell EMC ToR」プラットフォームとの比較で最大10倍の性能により、ビッグデータ環境をサポート
    • 各社固有の技術による広域 ルーティング プラットフォームとの比較で、相互接続アプリケーションについて最高2~3倍のコスト削減効果

    25GbEのデータセンター導入を促進

    企業および通信事業者のデジタル トランスフォーメーションは、ネットワークの進化に依存しています。性能要件の拡大とアプリケーションの多様化に対して、新しいテクノロジーを迅速に導入するためには、ネットワークの進化が不可欠です。新世代の25GbEネットワーク環境は、このようなネットワーキングやコンピューティングの性能に対して常に高まっているニーズに応えられるように設計されています。Dell EMCは、お客様企業の25GbE移行計画を最適にサポートするための2つの環境を用意しています。

    • 第1の環境は、新しい「Dell EMC Networking S5048 25/100GbE」スイッチを活用し、性能要件の高まりに合わせて25GbEへ移行できる能力を維持しながら、既存の10GbE環境を拡張したいと考えているお客様を対象にしています。お客様は、準備が整った時点でNICを10GbEから25GbEに移行するか、25GbE NICを搭載した高性能なサーバへ移行して、25GbE対応の「S5048」に接続します。
    • 第2の環境は、第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバ、「25GbE NIC」、先日リリースした「OS10」ベースの「S5148」スイッチを組み合わせたもので、最高のネットワーキングやコンピューティング性能を求めるお客様を対象にしています。10GbEと互換性を有する「S5148」スイッチと「OS10 Enterprise Edition」の組み合わせが、プライベート クラウド環境向けの最高レベルのエッジデバイスとして自動化機能を提供します。

    新しいファブリック機能によるデータセンターの自動化

    Dell EMCは、新しい「SmartFabric Service」によって「OS10 Open Networking Enterprise Edition」ソフトウェアを強化しました。プライベート クラウド、HCI、SDS環境向けに設計されている「SmartFabric Service」は、データセンターのファブリック構築、展開、管理を簡素化、自動化します。

    • スパインリーフ型データファブリックを構築・管理する自動ファブリック サービス機能
    • ネットワーク状態認識に基づくファブリック オペレーションのスケールアップ/スケールアウトの自動化を通じ、ゼロタッチ、トポロジー(構成)検証、移行アシスタンスを提供
    • 大規模環境での自動構築機能、自己管理機能、セルフヒーリング ファブリック
    • Single pane of glass management(単一コンソールやGUI)などによる管理環境ですべてのファブリック スイッチを1つの論理デバイスとして管理

    企業および通信事業者のSD-WAN導入を促進

    通信事業者による市場展開までの期間短縮と企業による導入展開の簡素化をサポートするため、Dell EMCは3つの新しいSD-WAN対応ノード(Ready Node)を開発しました。それぞれ、Silver Peak Systems社、VeloCloud Networks社、Versa Networks社の業界をリードする各SD-WANソフトウェアと、Dell EMCインフラストラクチャを統合した事前検証・事前統合済みのソリューションです。Dell EMCの基準に基づいて構築・テストされており、費用対効果に優れたSD-WANのソリューションとサービスを短期間で導入・展開することが可能になります。

    IDC社は、クラウド、ビッグデータ、アナリティクス、モビリティ、ソーシャル ビジネスを含むデジタル トランスフォーメーションの要素は、今後5年間におけるSD-WAN 成長の最大の促進要因になるだろうと述べています。同社の最新レポートによると、世界のSD-WANインフラストラクチャとサービスの売上は69.6%の年平均成長率(CAGR)で推移し、2021年までに80億5,000万米ドルに達するといわれています*1

    価格と提供について

    ■価格:
    「Dell EMC S5048F-ON」 2,202,300円~ (税別)
    「Dell EMC S4200-ON」 正式発売後決定

    ■提供開始時期:
    「Dell EMC S4200-ON」および「S5048-ON」スイッチ、「OS10.4」ソフトウェアは、第4四半期(2017年11月~2018年1月)に提供開始の予定です。Silver Peak SystemsおよびVersa Networksと統合した「SD-WAN Ready Node」は、すでに提供中で、VeloCloud Networksと統合した「SD-WAN Ready Bundle」は、第4四半期(2017年11月~2018年1月)に提供開始の予定です。

    ■提供について:
    デル、EMCジャパンおよび両社のビジネスパートナーから提供します。

    ■製品写真:
    「Dell EMC S4200シリーズ: S4248FB-ON、S4248FBL-ON」
    /content/dam/delltechnologies/assets/corporate/images/newsroom/pressreleases/2017/10/dellemc_s4248fblon_rf.png


    「Dell EMC S5000シリーズ: S5048F-ON」
    /content/dam/delltechnologies/assets/corporate/images/newsroom/pressreleases/2017/10/dellemc_s5048f_on_rf.png

    ※1. IDC社「Worldwide SD-WAN Forecast, 2017–2021」 Doc #US42904317、2017年7月



    # # #

    ■デル株式会社について

    デルは世界市場トップレベルのシェアを誇るエンドツーエンドのソリューション・プロバイダー、Dell Inc.の日本法人です。 総合 IT ソリューション事業 - パソコン・モバイル端末から基幹システムやクラウドの導入支援、セキュリティサービスに至るまで包括的な IT ソリューションを提供。http://www.dell.co.jp/

    ■EMCジャパン株式会社について

    EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。https://www.dellemc.com/ja-jp/index.htm

    # # #

    本件に関するお問い合わせ先

    EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 コミュニケーション マネージャー 
    武村 綾 Tel: 03-5308-8867(直通) E-mail: japanpr@emc.com

    共同PR株式会社
    本島、立川、児玉 Tel: 03-3571-5176 E-mail: dellemcpr@kyodo-pr.co.jp

    ©Copyright 2017 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
    Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

    About Dell

    Dell EMC, a part of Dell Technologies, enables organizations to modernize, automate and transform their data center using industry-leading converged infrastructure, servers, storage and data protection technologies. This provides a trusted foundation for businesses to transform IT, through the creation of a hybrid cloud, and transform their business through the creation of cloud-native applications and big data solutions. Dell EMC services customers across 180 countries – including 98 percent of the Fortune 500 – with the industry’s most comprehensive and innovative portfolio from edge to core to cloud.

    Copyright © 2017 Dell Inc. or its subsidiaries. All Rights Reserved. Dell, EMC and other trademarks are trademarks of Dell Inc. or its subsidiaries. Other trademarks may be trademarks of their respective owners.