• Press Release

    November 16, 2015

    EMCジャパン データレイクソリューションの大幅な強化を発表 br 最新のIsilonがエッジ コア クラウドのすべてをサポート

    「データレイク2.0」戦略 - 新しいコア機能、Software-Definedエッジ製品、ハイブリッド クラウド機能をサポート

    東京発 - November 16, 2015 -

    EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:https://www.dellemc.com/ja-jp/index.htm )は本日、「データレイク2.0」戦略の一環として、「EMC Isilon(アイシロン)」スケールアウトNASデータレイクの次世代製品、「IsilonSD Edge(アイシロンエスディー エッジ)」、「Isilon OneFS(ワンエフエス)」、「Isilon CloudPools(クラウドプール)」を発表しました。次世代「Isilon」に含まれている新しい製品、機能、能力によって、導入企業はリモート オフィスなどの「エッジ ロケーション」から「クラウド」にまで簡単にデータレイクを拡張することが可能になります。

    発表概要

    • 新世代の「Isilon」スケールアウトNASが、「コア データレイク」をエンタープライズ エッジとクラウドに拡張する「データレイク2.0」戦略をサポート
    • 新しいSoftware-Defined Storage(ソフトウェア定義ストレージ)製品「IsilonSD Edge」が、リモート オフィス向けに優れたコスト効率で一貫したデータ管理ソリューションを提供
    • 新世代のOS「EMC Isilon OneFS」が、「データレイク コア」における非構造化データ ストレージの最適化を実現
    • 新しい「EMC Isilon CloudPools」が、非構造化データ ストレージをパブリック クラウドまで拡張し、クラウド規模の容量、経済性、柔軟性を提供

    新製品では、コアとなるデータセンターだけでなく、エッジとなるリモートオフィスなどでもデータを利用できるとともに、クラウドにアーカイブすることも可能になるため、データレイクが強化されます。新しい「EMC Isilon」ソリューションは、効率の良い優れたデータレイクを提供できるようにデザインされており、複数のワークロードを統合し、ユーザーはあらゆる場所からデータにアクセスして分析することができます。

    現在、3つの大きなトレンドがエンタープライズ環境を変革しつつあります。まず、企業のグローバル化が進むのに伴い、労働力が分散されるようになっています。次に、非構造化データの量が急増している中(2年ごとに倍増)、データを効率的に管理しながら価値を引き出すニーズが高まっています。最後に、企業がデータセンターを最も効率的かつ効果的に運用する上で、ハイブリッド クラウドが卓越した選択肢として採用されるようになっています。

    EMCの「データレイク2.0」戦略と本日の発表内容は、これらの課題への対応において中核となるソリューションです。初期のデータレイク導入環境では、利用可能なデータはコアのデータセンター内または近接するソースからのデータのみに限定されていましたが、現在では「データレイク2.0」を拡張しコアのデータセンター、エッジ、クラウドのすべてを通じて非構造化データをシンプルかつ一貫性をもって管理できる環境へのニーズが高まっています。

    エッジ向けの効率的な Software-Defined Storage を提供

    新しいSoftware-Definedソリューション「EMC IsilonSD Edge」は、リモート オフィスやエッジ ロケーションにおけるデータ管理を優れたコスト効率で簡素化できるようにデザインされています。これまでエッジ ロケーションには費用、低容量、管理の複雑さ、異なる種類のPC環境の混在、スポット的な統制といった課題が存在し、エッジ ロケーションで情報を活用するユーザーの生産性と、データへアクセスして管理するIT部門の能力にマイナスの影響を及ぼしていました。100% Software-Definedのソリューションである「IsilonSD Edge」は、コモディティ ハードウェアで稼働し、VMware ESXをサポートするとともに、VMware vCenterとの完全な統合によって簡単な管理環境を提供します。また「IsilonSD Edge」は「OneFS」オペレーティング システム(OS)の能力に一切の影響を与えることなく、あらゆるデータ サービスとプロトコルをサポートしながら36 TBまで拡張が可能で、シームレスにデータ レプリケーション(複製)やコアからのリストアを提供します。「IsilonSD Edge」は非本番環境向けに無償提供する予定で、本番環境での利用についてはクラスタごとのライセンス提供となります。

    コアを最適化する次世代オペレーティング システム「OneFS」

    EMCはデータレイクをエッジロケーションに拡張するだけではなく、新しい次世代OS「Isilon OneFS」によって、その強化を実現しています。豊富な機能を提供する「Isilon OneFS」は、柔軟性が強化されているとともに、管理環境を簡素化し、効率を高め、大規模データレイクの継続的な稼働を実現します。最新の「OneFS」の重要な機能強化の1つが、無停止アップグレード(NDU)のサポートです。「OneFS」はマイナー バージョン アップについてはNDUをサポートしてきましたが、今回の最新バージョンからメジャー バージョン アップのNDUもサポートを開始したことで、データレイクの柔軟性が強化されます。このようなデータレイクの柔軟性の強化によって、大規模アップグレード時におけるユーザーやアプリケーション ワークロードのダウンタイムを確実に回避できるようになります。

    次世代「OneFS」は柔軟なソフトウェア アップグレード ロールバック機能も提供し、ユーザーは必要に応じてアプリケーションやエンドユーザー環境をアップグレード前の状態に回復させることができます。これらの機能によってインフラストラクチャの管理者はニーズに合わせて細やかに対応し、基幹環境におけるスムーズなユーザー エクスペリエンスと継続的なアップタイムを確保できます。

    クラウドへの拡張を実現するソフトウェア アプリケーション「CloudPools」

    コアとエッジに重点を置いたこれらのソリューションに加え、EMCは「Isilon」製品ラインの新しいソフトウェア アプリケーション「EMC CloudPools」を提供します。「CloudPools」によって、「Isilon」をパブリック クラウドやプライベート クラウド、ハイブリッド クラウドへ簡単に拡張することが可能になります。エンタープライズ環境内にあるデータの大部分はほとんど使われないデータすなわち「コールド データ」ですが、企業はこのようなデータも法定上の要件およびコンプライアンスの目的から維持管理しなければなりません。

    「CloudPools」によって、「Isilon」をAmazon Web ServicesやMicrosoft Azure、Virtustreamなどのパブリック クラウドへネイティブに拡張することができます。クラウド ゲートウェイは必要ありません。また、「CloudPools」によってデータセンターを「EMC Elastic Cloud Storage(ECS)」に拡張し、「Isilon」をプライベート クラウドとして活用することもできます。「Isilon」はコア ネームスペースをクラウドに拡張することで、場所に依存しないデータ アクセスを実現します。クラウド環境におけるエンタープライズ データのセキュリティ確保のため、クラウドへ階層化したデータは伝送時に暗号化、圧縮されます。このようにしてセキュリティが確保されるので、企業はデータレイクをクラウド規模の容量に拡張しながら、一貫したデータへのアクセスと管理を簡素化できます。

    「データレイク 2.0」イメージ図

    ※「データレイク 2.0」イメージ図

    価格と提供について

    ■価格:個別見積もり
    ■提供開始時期:2016年第1四半期(1月~3月)予定
    ■提供について:EMCジャパンおよびEMCジャパンのビジネスパートナーから提供します。

    詳細
    URL: https://www.dellemc.com/ja-jp/storage/isilon/index.htm#collapse

    # # #

    About Dell

    EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。http://japan.emc.com/

    © 2015 EMC Corporation. All rights reserved EMC、EMC2、Isilon、OneFS、CloudPools、EMC Elastic Cloud StorageおよびEMCのロゴは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

  • Media Contacts

    EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 コミュニケーション マネージャー
    武村 綾 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通) E-mail: japanpr@emc.com

    共同PR株式会社
    第2業務局 本島、立川、児玉 Tel: 03-3571-5326 E-mail: emcpr@kyodo-pr.co.jp