• Press Release

    March 20, 2012

    EMCがPivotal Labsを買収

    ビッグデータのリーダーEMCと、アジャイル(*1)のエキスパートのPivotalが統合 設立間もない企業から大企業まで、あらゆる企業の次世代アプリケーションの開発を加速

    マサチューセッツ州ホプキントン発 - March 20, 2012 -

    概要

    • EMCが、サンフランシスコを拠点にアジャイル・ソフトウェア開発用サービスとツールを提供する非公開企業Pivotal Labsを買収
    • EMCは、Pivotalが世界規模での事業拡大のために投資を行い、クラウド、ビッグデータ、ソーシャル、携帯などのテクノロジーを次世代アプリケーション開発に取り込もうとする、設立間もない企業や大企業にPivotalのアジャイル・コンサルティング・サービスを提供
    • Pivotalのアジャイル・プロジェクト管理ツール「Pivotal Tracker」は、全世界で240,000人以上の開発者が利用。EMCは「Pivotal Tracker」へ継続的な投資を行い、製品の革新と利用者拡大を促進
    • Pivotalの買収により、EMCは、ビッグデータ分析アプリケーションを開発するお客様のためにアジャイル・ソフトウェア開発の代表的な製品を提供
    • 買収手続きはすべて現金で行われ、2012会計年度のGAAP及びnon-GAAPベースのEPSへの大きな影響はない見込み

    EMCコーポレーション(本社:マサチューセッツ州ホプキントン、会長 兼 社長 兼 最高経営責任者(CEO):ジョー・トゥッチ、NYSE略号:EMC、以下EMC)は、本日、アジャイル・ソフトウェア開発企業のPivotal Labsを買収したことを発表しました。Pivotal Labsはサンフランシスコを拠点に、アジャイル・ソフトウェア開発のサービスやツールを提供する非公開企業です。買収はすべて現金で行われ、2012会計年度のGAAP およびnon-GAAPベースのEPS への大きな影響はないと思われます。また、EMCは、本日、「Greenplum Chorus」の販売開始を発表しました。「Greenplum Chorus」はデータ・サイエンティスト・チームにフェイスブックのようなソーシャル・コラボレーション機能を提供する業界初の製品であり、データセットの作成を繰り返し、ビジネスに実用的な知見を迅速に提供します。

    Pivotal Labsの買収により、EMCが提供する従来のITインフラストラクチャでは対応しきれなかったビッグデータの保存や分析、ビッグデータ対応製品やサービスなどが新たに加わり、EMCの製品・サービスがさらに強化されると期待されます。EMCは2012年に、構造化データと非構造化データ分析のための、業界初のスケールアウト型基盤「Greenplum Unified Analytics Platform (UAP)」を発表しました。EMCでは、昨年データ・サイエンティスト・サミットを開催し、データ・サイエンスとその専門家であるデータ・サイエンティストの育成に注力しています。今回のPivotal Labs買収により、お客様は「Greenplum Chorus」内でデータセットを作成し、Ruby on Rails (ルビーオンレイルズ)(*2)などの最新のプログラミング環境でビッグデータのアプリケーションを迅速に開発できます。

    ビッグデータは新しい概念であるため、市場には投入されているビッグデータ用のパッケージ・アプリケーションも多くはありません。そのため、多くの企業は大量データをHadoopを使い、カスタム・コードを書いて価値ある情報の抽出を試みています。しかし、迅速なイテレーション(*3)やテスト主導型の開発機能、オープンソース・ツールや最新のフレームワークなどを採用するアジャイル開発のリーダーであるPivotal LabsがEMCに加わったことで、設立間もない企業からグローバル企業まであらゆる規模の企業が、ビッグデータを活用する新しいアプリケーションやサービスの開発を迅速に行えるようになります。

    買収により、1989年に創設されたPivotal Labsの以下の資産をEMCは活用できるようになります。

    1. 高い独自性と最高レベルのソフトウェア開発手法
    2. ウェブ、携帯、ビッグデータ、クラウドサービスなどを専門とする世界トップレベルの技術者
    3. 世界中で240,000人の開発者が使用している、業界最高のソフトウェア開発ツール「Pivotal Tracker」

    Pivotal Labsは現在、Twitter、Best Buy、Groupon、Salesforce.com、EMI、Urban Dictionary、Linden Lab、Task Rabbit、The Annie E. Casey Foundationなどのお客様を抱えています。EMCでは、これまでの買収同様、Pivotal Labsへの投資と組織強化を進め、EMCからの需要に基づき拡張できるビジネス体系を構築していきます。

    *1 アジャイル: 「俊敏な」「すばやい」という意味。IT業界では、経営環境の変化に迅速に対応できる柔軟な情報システムや、効率的なシステム開発手法などを指す。
    *2 Ruby on Rails: オープンソースのWebアプリケーション・フレームワーク
    *3 イテレーション: イテレーション:コンピュータープログラムにおける処理の繰り返し

    # # #

    当資料は、2012年3月20日に米国で発表されたニュース・リリースの抄訳です。
    米国リリース原文: http://www.dellemc.com/en-us/corporate/newsroom/announcements/2012/03/20120320-02.htm

    ■EMCコーポレーションについて

    EMCコーポレーションは、お客様およびサービスプロバイダーのビジネスの変革を行い、IT-as-a-Serviceを提供する世界のリーディング・カンパニーです。この変革には、クラウド・コンピューティングが基本となっています。EMCは、革新的な製品とサービスによって、IT部門のクラウド・コンピューティングへの旅を加速させ、最も価値ある資産である「情報」を、機敏に、高い信頼性で、効率的に、保存、管理、保護、そして分析を行うことをお手伝いいたします。http://japan.emc.com/

    本件に関するお問い合わせ先

    EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
    広報マネージャ 武村綾 Tel: 03-5308-8888(代表)/ 03-5308-8867(直通) E-mail: japanpr@emc.com

    EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
    部長 笛田理枝子 Tel: 03-5308-8888(代表)/ 03-5308-8174(直通) E-mail: japanpr@emc.com

    # # #

    EMC、EMC2、Greenplum、Greenplum Chorus、Pivotal Labs、およびPivotal Trackerは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

    About Dell

    Dell EMC, a part of Dell Technologies, enables organizations to modernize, automate and transform their data center using industry-leading converged infrastructure, servers, storage and data protection technologies. This provides a trusted foundation for businesses to transform IT, through the creation of a hybrid cloud, and transform their business through the creation of cloud-native applications and big data solutions. Dell EMC services customers across 180 countries – including 98 percent of the Fortune 500 – with the industry’s most comprehensive and innovative portfolio from edge to core to cloud.

    Copyright © 2017 Dell Inc. or its subsidiaries. All Rights Reserved. Dell, EMC and other trademarks are trademarks of Dell Inc. or its subsidiaries. Other trademarks may be trademarks of their respective owners.