• Press Release

    December 01, 2010

    EMCジャパンとRSAセキュリティ 合併へ

    - December 01, 2010 -

    報道関係者各位

    2010年12月1日
    EMCジャパン株式会社
    RSAセキュリティ株式会社

    EMCジャパン株式会社(代表取締役社長:諸星 俊男、住所:東京都渋谷区代々木、以下EMCジャパン)とRSAセキュリティ株式会社(代表取締役社長:山野 修、住所:東京都千代田区、以下RSAセキュリティ)は、2011年1月1日付けで合併することとなりました。合併後は、EMCジャパンが存続会社となり、両社の事業を統合、RSAセキュリティはRSA事業本部としてRSAブランド製品のマーケティング、営業、サポートを継続して行っていきます。

    米国EMC Corporationは、米国RSA Security Inc.を2006年9月に買収しました。この買収により、EMCはセキュリティ事業部門を新設して、情報中心のセキュリティ戦略による情報セキュリティ事業を展開してきました。情報のリスク管理や適切なコントロールにより、情報資産を脅かす様々なセキュリティ脅威に対抗するソリューションを提供し、情報インフラの信頼性向上に貢献しています。クラウド・コンピューティング環境での最重要課題として掲げられる情報セキュリティは、EMCが提唱する「The Journey to the Private Cloud」を推進するために不可欠な要素です。

    EMCジャパンは、日本においてもRSAセキュリティを事業部門化することで、情報インフラと情報セキュリティの連携を緊密にしていきます。お客様が情報を適切に保護し、安心して積極的にビジネス展開できるよう、これまで以上に安全で信頼性の高い情報インフラの提供を目指し、製品とサービスを拡充していきます。

    ■合併の要旨

    合併予定日 2011年1月1日(土)
    商号 EMCジャパン株式会社
    本社所在地 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
    代表者 代表取締役社長 諸星 俊男
    従業員数 1,050名(2社合計。2010年11月末現在)
    資本金 3億1千万円
    決算期 12月31日
    合併後のRSAセキュリティの呼称 RSA事業本部
    合併後のRSAセキュリティの所在 所在地(*)ならびに連絡先は、合併前と変更ありません。
    *東京都千代田区丸の内1-3-1 東京銀行協会ビルヂング

    RSAセキュリティの代表取締役社長の山野 修は、2010年7月よりEMCジャパンの執行役員副社長に就任しています。新設のRSA事業本部の本部長には、現在、RSAセキュリティで営業本部長を務める山田 秀樹が、2011年1月1日付で着任する予定です。

    以上

    About Dell

    Dell EMC, a part of Dell Technologies, enables organizations to modernize, automate and transform their data center using industry-leading converged infrastructure, servers, storage and data protection technologies. This provides a trusted foundation for businesses to transform IT, through the creation of a hybrid cloud, and transform their business through the creation of cloud-native applications and big data solutions. Dell EMC services customers across 180 countries – including 98 percent of the Fortune 500 – with the industry’s most comprehensive and innovative portfolio from edge to core to cloud.

    Copyright © 2017 Dell Inc. or its subsidiaries. All Rights Reserved. Dell, EMC and other trademarks are trademarks of Dell Inc. or its subsidiaries. Other trademarks may be trademarks of their respective owners.